夜泣き

他の疾患

夜泣き解決の方法を解説しています

夜泣き解決ナビ > 夜泣き > 他の疾患

他の疾患

毎日夜泣きが繰り返されていると、正直これが夜泣きであるのか他の疾患との鑑別がつけにくく、治療にかかる時期が遅れるといったケースが見られます。
急に激しく泣いたりなど、日常とは明らかに違う泣き方を気付くように心がけましょう。
体のどこかに湿疹などの肌疾患が見られませんか。
よく聞くアトピー性皮膚炎などにはきちんと目を配っていても、オムツかぶれを軽く考えている人がいます。
赤ちゃんからすれば、オムツかぶれというのは深く眠れないくらい不快感を与えます。
早いうちに処置する必要があります。
赤ちゃんが風邪をひいて熱が上がって来た場合や、中耳炎をはじめとする耳疾患で激痛があるときは泣いて苦痛を訴えます。
とりわけ中耳炎では、激痛がある方の耳を気にして何度も触るのですぐに発見できます。
鼠径ヘルニアといった病気も幼児や乳児に発症しやすい疾患です。
鼠径ヘルニアというと、腸が太腿の付け根に飛び出してしまうことで、最初のうちは痛みはありません。
赤ちゃんの鼠径部や陰嚢、下腹部を観察すると、出っ張っているので、それと分かるはずです。
この鼠径ヘルニアで注意しておきたいことは、「かんとん」といった兆候が現れたときです。
これは、逸脱した腸が何らかの原因で出たままになっていることを意味し、うずきや呼吸困難などの不快な症状を訴えます。
放置しておくと腹膜炎を起こす重篤な症状になりますので、鼠径ヘルニアで、そのうえ夜泣きをするお子様には特に鼠径部を注意してみましょう。
夜泣きをする年齢層によく見かけるのが、腸重積症という初期での治療が大事な病気です。
この病気は生後4ヶ月から1歳くらいまでに見られることが多く、顔色が悪くなる程の強い痛みの発作を連発するのです。
普段の夜泣きよりも激しい泣き方だったら、迷ったりせずに医師に判断を任せましょう。

関連記事