夜泣き

母親の抱擁

夜泣き解決の方法を解説しています

夜泣き解決ナビ > 夜泣き > 母親の抱擁

母親の抱擁

夜泣き対策として最初に心がけることは、乳児の心を落ち着かせることです。
どんな育児関係の本にも、このことは似たようなことが載っています。
夜泣きをしている赤ちゃんは泣くばかりで、こっちの声なんて耳に届いていないように思えますがそうではありません。
睡眠中に無理矢理起こされると、腹が立つ場合もありますが、一旦思い直すようにして幼児をそっと気持ちを落ち着かせてあげましょう。
どんなに夜泣きをしていても、どうにかして乳児を寝かせるために泣きやませようと抱いたりしない母親がいるそうです。
けれども、母親に抱かれるのは子どもの大好きなことですし、母親の抱擁が何よりもホッとできるところなのです。
お母さんの腕の中で揺れているだけで、幼児の中には夜泣きが止む子も多いのです。
寝たと思って、布団に置くと幼児の中にはあっと言う間に泣き出す子もいます。
この点が夜泣きの辛い点ではありますが、気持ちを安らかにしてあげるのが子どもにとってはなによりも効くようです。
乳児であれば、ミルクなどをを飲ませてあげると、お腹が満たされたことで、しっかり寝てくれるようになります。
トントンと調子よくたたいてあげることで赤ちゃんが快適さを感じたり、愛撫するなどのふれ合いも夜泣きを改善させる手段として効き目があると言われています。
赤ちゃんによっては気持ちいいと伝わる場所やリズムの取り方が変わってきますので、明るい時間帯やお昼寝のときなどにチェックしておけば良いでしょう。
背中だったり、お尻だったりを、母親の鼓動と合わせるようにしてやさしく打つようにすると効果があがるようです。
子守歌を歌ってあげるなら、あまり大きくなく気持ちが落ち着くような声でのんびりとした一定のリズムで歌ってあげると効果的です。
乳幼児が逆に気になってしまう歌は選ばず、穏やかに気持ちになるよう歌いましょう。

関連記事