夜泣き

興奮

夜泣き解決の方法を解説しています

興奮

夜泣きがクセになっている赤ちゃんなのに、時折、途中で起きないでずっと寝ている場合があります。
夜泣きがなかったら、昨日の昼間の出来事を思い出してみてください。
普段の生活とは多少違っていて、それが夜泣きの改善した原因かもしれません。
運動不足が夜泣きの原因と考える説があります。
元気があり余っていると、深い眠りにつけないのです。
とりあえず運動をたくさんさせるために、昼間はなるべく外に出て遊ばせてみましょう。
そのかわり心がけておきたいことは、疲れさせすぎるのは逆効果だという点です。
子どもだけでなく大人も同様ですが、あまりに疲れてしまうと熟睡出来ないものです。
日中の運動量をその子に合わせて増やしてみると、夜泣きしないで眠ってくれます。
特に変わった行動をしなくても、お散歩に出たり買い物に連れて行く程度でも効き目があるそうです。
興奮させるのもほどほどに、疲れさせないように気を使いながら日中を過ごせればベストです。
昼間興奮すると浅い眠りのときに頭の中で繰り返されて夜泣きをさせてしまうとも言われています。
また、疲れすぎてお昼寝を十分にしてしまうと、体力が回復して夜眠れない状態になることもあります。
夜の睡眠リズムが出来上がるように、昼間における幼児の生活サイクルを調整してあげるとよいでしょう。
快適な行動の仕方は乳幼児によって異なるので、心情や状況に配慮しながら正していくと良いでしょう。
熟睡しているからと、長すぎるお昼寝は夜に眠れなくなります。
適当な時間を見て起こしてあげるなど工夫が必要です。

関連記事