夜泣き

外出

夜泣き解決の方法を解説しています

外出

容易に夜泣きが解消されることがあったりします。
夜泣きの対処法の1つとして、ずっと泣いている赤ちゃんを外へ出てみるのもよいでしょう。
いろいろと試してみても部屋ではどうしても泣きやんでくれないのに、外の風に当てたらあっという間に泣きやんだ経験はありませんか。
迷惑行為になるのではないかと、近隣の人々に配慮して、泣いている赤ちゃんと家に閉じこもっていたということもかなりいると思われます。
さまざまなやり方でも完璧に事を成すというのは困難だけれど、挑戦してみてはどうでしょう。
以前子どもが夜泣きをしていて、子どもの泣き方が激しく夜にも関わらず病気にかかったのではないかと救急病院に行ったという方がいます。
そうした人たちの間では、外に赤ちゃんを連れ出したと同時に静かになったという話をする親が多いのです。
冷たい外気に触れて、我に返ったと思われます。
乳児を起こした状態と変わらなくなるので、夜泣きがなくなります。
もし、熱帯夜や極寒の場合は刺激が強すぎて夜泣きを強くしてしまうことになるので、外気が赤ちゃんにとって快適に感じる時に触れさせるように心がけましょう。
ひどく天候が悪い日や、冬場の寒い時期は外出は控えましょう。
悪天候の日は、新鮮な外気を窓から家の中に入れて、空気を入れ替えるようにしてみましょう。
車に乗ることを好む乳幼児なら、短時間のドライブでも有効だということです。
車のゆったりした振動が、眠りへと誘ってくれるようです。
ドライブで夜泣きを解消するには、走行する場所も閑静なところにしましょう。
本来は乳幼児に寝てもらうためなので、騒がしい場所や明かりが多い所はやめた方がよいです。

関連記事