夜泣き

過ごし方の工夫

夜泣き解決の方法を解説しています

夜泣き解決ナビ > 夜泣き > 過ごし方の工夫

過ごし方の工夫

原因が分からないのに泣き止まないのが夜泣きですから、それを止めさせることは大変なことです。
夜ごと夜泣きに対して苛立ちを募らせるより、開き直って、夜の時間を過ごし方を工夫してみるといいかもしれません。
長い子育て人生の中で、夜泣きに振り回されるのはたった1年です。
夜泣きが心労を伴うのは、子どもを泣きやませる仕事が母親にいってしまうからです。
一人で努力を続けているママも大勢いるでしょう。
一日ずつお父さんとあやすのを交代出来れば無理なく出来るようになるのでしょうが、理想と現実には大きな差があるようです。
母親一人が毎晩夜泣きに善処するためには、たくさんのエネルギーが必要となります。
夜は手伝えないと言うお父さんは、赤ちゃんが夜泣きをしている間は気にしないという素振りをしてあげてください。
パパが横柄な態度を取るだけで、一生懸命なお母さんはたまらない思いをすることでしょう。
夜泣きというものは永久的なものではありませんから、子どもの成長過程だと喜び2人で切り抜けましょう。
会社がお休みの日以外は無理なことが多いですが、あまりにママが疲れているようなら代わってあげてくつろがせてあげてください。
ほんの少しの心使いで心が軽くなるというものです。
温かい言葉をもらっただけで、元気になります。
理由がよくわからないのが夜泣きなのですから、解消する手段も試行錯誤して理解していくことが必要になります。
夜泣きを無理になくそうとしないで、泣くのは当たり前と思って受け入れようと考えるだけでも新しい局面がみえてきます。
あれこれと思い浮かんだ対応策にトライして、効力があまり無かったとしても落ち込まずに赤ちゃんのかわいい時を思い出して乗り切っていきましょう。

我が子の可愛い姿をぜひ記念に残しませんか?

誕生日の記念撮影は大田区のフォトスタジオエアロにお任せ

関連記事