夜泣き

起きてみる

夜泣き解決の方法を解説しています

夜泣き解決ナビ > 夜泣き > 起きてみる

起きてみる

うとうとし始めた時に起こされることが、毎日のこととなれば、眠って疲れが取れるどころか、逆に疲れが溜まっていきます。
夜泣きを解消するために良策だと評判のやり方は多種多様にあるようですが、どうやってもなかなか成果が手応えを感じられない幼児もいるようです。
そういった場合には、無理に夜泣きを止めようとしないで、いっその事ちゃんと起こしてあげましょう。
乳児が泣くのを止めないのであれば多少正気にさせて再び寝かしつける訳ではありません。
このやり方で眠りについてくれるようなら安心なのですが、思うようにはいかないものです。
こういったケースでは、その後寝かせつけることは避けておき、電気もつけて、ぱっちり覚醒させてしまうのがよいでしょう。
夜泣きをする赤ちゃんは、実際、本人としても眠いのに眠ることができないといった状態で不機嫌になっていくが要因です。
不機嫌な気持ちが続いたまま泣き始め、意識がボーっとしたまま泣くといった様子が見られます。
気持ちを落ち着かせるためにアレコレやっても泣いているのなら寝かそうと努力するのではなく、そのまま起こした状態で眠りにつくまで待ってあげましょう。
このようなやり方が、案外うまくいくかもしれません。
乳児の夜泣きの最中の気持ち的に健康だといえる状態ではありません。
一度起こして乳幼児が喜ぶようなテレビ番組などを観せてあげるのが良策です。
普段起きている時と同様に行動してみるのもよい案だと思われます。
お昼時と同様、長時間遊ぶようだったり、テレビを見て興奮することは無理でしょう。
気分が正常に戻れば赤ちゃんも、放置していても再び眠りにつこうとするのでその時に電気を消して寝てみましょう。
夜泣きは親が大変だと思われがちですが、泣いている赤ちゃんもけっこうつらいものなのです。
放っておいたらそのうち疲れて泣きやむだろうとやり過ごすのはよい方法とはいえません。

関連記事