夜泣き

夜驚症

夜泣き解決の方法を解説しています

夜泣き解決ナビ > 夜泣き > 夜驚症

夜驚症

俗に夜泣きといったら年齢的には1歳が過ぎて半年ほどすると解消されると言われているようですが、その時期が過ぎても夜泣き自体が終わらない子どももいます。
泣き続けるといった状態が連夜に渡ると、親たちも辛いだろうと想像できます。
2歳を迎えても夜泣きが治まらないようならその要因は赤ん坊の場合と相違があるかもしれません。
睡眠のリズムが整わないことが大きな原因と考えられているのが1歳半までの夜泣きです。
しかし、2〜3歳児のケースでは日中で体験したことが主な原因になっていることがあります。
印象深いことが起こったら、その記憶が呼び覚まされ夜泣きに転じてしまったりするのです。
怖い思いをした日、自分が考えていことがうまくできなかったと満たされない気分でいる晩、怒られた夜などに夜泣きが起こっていませんか。
赤ん坊であってもお昼の時間帯に不満を抱えたり、精神が高ぶったりするとそのインパクトが睡眠にあらわれます。
それが子どもになると余計に影響され、夜泣きをした日の出来事を振り返ってみると、日中に何らかの原因があるようです。
連続して夜泣きをする日があれば、昼間何があったのかを問いかけてみてください。
だからと言っていきなり聞くと、思い出してしまって不快な気持ちになります。
なるだけ、通っている園の先生に何があったか尋ねたり、普段仲良くしている子ども達から教えてもらいしょう。
なぜ幼児が夜泣きをするのかという要因のひとつに、夜驚症と言ったことも考えられます。
突然大声で泣き始めたり、どんなに起こしても目の焦点が合わずただ単にぎゃあぎゃあ言っているだけなのです。
おさまった後に幼児に問いただすと、子ども自身に記憶がなく驚かされることもあります。
もしや夜驚症ではと感じた時は、医師の診察を受けましょう。

関連記事